老眼の症状についての基本知識【年齢を重ねることで誰にでも起こる】

中年女性

手元が見えにくくなる理由

老眼とは、目の中にある水晶体が弾力を失ってうまくピントを調節できなくなることで起こるものです。手元が見えにくくなるのがおもな症状ですが、目の疲れや頭痛などの原因にもなります。老眼は加齢によって誰もがなり、近眼の人も例外ではありません。

詳しく見る

眼鏡とスマホ

視力が落ちてくる

老眼による症状は人によって多少は異なることがあります。よく言われているのは視力が低下することです。40代に入ったら目の老化現象も急激に始まることがあるので、眼科で定期検診を受けた方がいいかもしれません。

詳しく見る

メガネ

日帰りで治療可能

老眼は年齢を重ねることで誰にでも起こる可能性があります。老眼の症状を改善する治療方法として、リーディングアイが挙げられます。これは角膜に安全性が確立されたフィルムを挿入するもので日帰りで受けることができます。

詳しく見る

中年女性

早めの対策で予防を

小さい文字が見えにくいなど初期症状の段階で手を打てば、老眼の進行を遅らせることができます。遠くと近くを交互に見るといった目の体操や、ルテイン等の目に良い栄養素を取ること、それに適宜目を休ませることなどが効果的です。

詳しく見る

メガネ

予防対策が重要

老眼は加齢による生理現象です。対象物に対してぼやけるなどの症状が表れますがこれは水晶体を覆う毛様体筋の衰えのためです。眼科の専門医による診断を受けることが重要ですが、若いうちから予防対策をしておくのも良いと言えます。

詳しく見る

眼の疲れを意識する

中年女性

予防することもできる

老眼は近くのものが見えにくくなるといった症状が起きるもので、年齢を重ねることで誰にでも起こるものです。一般的には40歳前後と言われていますが、仕事や日常生活でパソコンやスマートフォンを使用する機会が増えて、目を酷使することが多いことから人によっては若いうちから老眼の症状が起きることも珍しくありません。最初のうちは本や新聞の文字が見にくいと感じるだけであっても、そのままにしておくとどんどん症状が進行することもあります。自覚症状があるときには早めの対策がポイントです。老眼の原因は水晶体の弾力性が失われることです。水晶体は眼のピントの調節機能を行っています。弾力性に富み、ピント調節を行いますが、弾力性を失うことで調節が難しくなります。また、この水晶体につながっている毛様筋と呼ばれる筋肉が疲労すると水晶体の働きにも影響を与えます。年齢を重ねることで機能は衰えていきますが、それを遅らせることは可能です。そのためには毛様筋を疲労させないことがポイントです。毛様筋はパソコンなどを使用しているとき、緊張した状態になっています。この状態が続くと水晶体にも影響を与えます。そこで、パソコンやスマートフォンを使用するときには、時間を決めて定期的にストレッチに取り組むことが大事です。それによって毛様筋を緊張から解放することができます。老眼を遅らせるためにも効果的ですし、眼精疲労の予防にも効果を発揮するものです。