老眼の症状についての基本知識【年齢を重ねることで誰にでも起こる】

手元が見えにくくなる理由

中年女性

誰でもそうなるのか

40歳を過ぎたあたりからなんだか本や新聞が読みづらくなったな、と思うようになったら老眼を疑ってみたほうがよいでしょう。目の中には水晶体という、カメラのレンズのような働きをしているものがあります。遠くを見るときにはこの水晶体が薄くなり、近くを見るときには厚くなってピントを調節しているのです。若い頃には弾力がある水晶体も、年齢を重ねるうちに徐々に硬くなっていき、厚さをうまく変えることができずピントを合わせることが難しくなっていきます。これが老眼です。老眼の症状としてよく知られているのが、手元の細かい文字が読みにくくなるということです。そのため本や新聞などを読むときについつい顔からかなり離してしまいます。また遠くから近く、あるいは近くから遠くに視線を移したときにすぐにピントが合わずぼやけて見えるということもあります。無理して見ようとするために目が疲れたり、さらには頭痛が起こったりするのも老眼からくる症状と言えるでしょう。近くが見にくくなるのが老眼だから、近眼の人は老眼になりにくいと思われがちですが、近眼の人でも老眼になります。ただ裸眼では手元もよく見えるため、老眼の症状に気づきにくいだけなのです。眼鏡やコンタクトレンズをつけたときに手元が見にくくなるようなら、老眼だと考えられます。年齢を重ねると誰でも老眼になります。それに加えて白内障などの目の病気にかかる可能性も増えてきます。手元が見えにくいということ以外にも、いつもと見え方が違うなどの症状に気づいたら要注意。早めに眼科で診てもらいましょう。